So-net無料ブログ作成
検索選択
まぁくんNight ブログトップ

2012年 まぁ~くんNight 第一発~H24.1.20~ [まぁくんNight]

新年一発目のまぁ~くんNight。
メンバーはFuruFuru、秋水さん、眠りのカッキー。
まぁ~くんとは「まぁ~ちん・われす氏」のこと。平日の自宅会にまぁ~くんのゲームを1つでも盛り込むとまぁ~くんNightとなる。秋水Nightとは違いまっせ。
で、記念すべき第一発目は「ディスクワールド」。
2012120disc1.jpg
ランダムに配られた人物カードの勝利条件を目指しプレイしていきます。
勝利条件は配下コマを〇以上配置するとか、エリアを〇以上支配するとか、山札カードがつきるまで誰にも勝利させないなどあります。
基本は手札を1枚だしてそのカードに書かれたアイコンアクションを順番に実行するだけ。暗殺やら、建設やら、配下ゴマの配置などがあります。暗殺もどこでもできるわけでもなくトラブルマーカーのあるところでしかできません。配下ゴマが他配下コマがある別なエリアに移動するとトラブルマーカーも移動します。トラブルマーカーがあると建設することができずやっかいです。エリアごとに建設できる金額が違っていて、高い金額のエリアほど、建物の特殊効果はつよいです。トラブルマーカーを毎手番おくりこめる(置くための条件はあるけど)「The Shades」の建物効果とトラブルマーカーの数で勝利条件が達成できる人物カード「ドラゴン紋章院長官」がくみあわさると強いです。まぁ、ここの都市に建設した時点で、勝利条件がこいつではないかということになってくるんですけどねw
自分がひいたのは「セラキー卿」。自分の手番開始時にエリアを5つ以上支配していれば勝利というもの。
初めてのプレイということで、マークされず勝利。
勝者 FuruFuru
ルールや勝利条件がいろいろわかったところでもう1度プレイ。
2012120dick2.jpg
FuruFuruがひいた人物カードは・・・・・「セラキー卿」。またかよw
勝利条件がどういうのがあるかわかった2回目は相手の動きで勝利条件が読めてくるので白熱します。
自分の手番開始時にトラブルマーカーを8個以上という条件をみたした秋水さんが勝利しました。
勝者 秋水さん
短時間でできて面白いゲームでした。繰り返し遊びたくなりますね。ひどいイベントやカード効果があってさすが、まぁ~くんという感じですwまた相手の動きをみることが大事で、それにより相手の勝利条件が見えてきて妨害がおもしろいです。勝利条件の判定タイミングが「手番開始時に」というところがミソですな。
そして最後は「マグヌムサル」。ポーランドのゲーム。塩鉱山で塩を掘りまくり王の勅命などをはたしお金を稼ぐゲーム。
2012120mug.jpg
ゲームは3フェイズあり、フェイズがかわるタイミングは王の勅命タイルを全員で5枚達成した時。
王の勅命タイルには塩の種類や数の組み合わせが書いてあり、より、価値のある塩はより深い採掘場にうまっています。
1アクションでその採掘場にある複数の塩を全て運べるのですが、それには複数の自分の労働者コマが必要になってきます。またバケツリレー式に運んでいくので他人のコマでもいいので出口までつながっていないといけません。ただ自分のコマはそんなに数がないので人のコマだけのエリアを通過することになります。その時はそのプレイヤーに「運んでいる塩の数x1金」を通過する自コマのいない1エリアごと払います。なので奥深くいくごとにより金額がかかることになります。1度運んだコマは疲労してしまいますので2アクションをつかい休憩させて復活させます。このゲーム2アクションで1手番なのでw1手番つかうことになります。また労働者コマの配置や移動もコマの連鎖をきる置き方ができないので、採掘場でなく通路においてみんなから塩を運ぶ時の通行料をがめようとするとコマが身動きできなくなりますw
絶滅したはずの「眠り民族」には山田くんなどがいるがカッキーはきっすいの「眠り民族。」
インスト中にカッキーが居眠りしてよどをたらすは、プレイ中自分の手番に気付かずフリーズしたり普通じゃなくなってきたので途中終了w
でも、面白いゲームでした。今度はフルでやってみたいですね。
みなさん、お疲れ様でした^^
また、よろしくです。


まぁくんNight ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。