So-net無料ブログ作成
MovieNight ブログトップ

空飛ぶ円盤、地球を襲撃す [MovieNight]

チャールズ・H・シニアとハリーハウゼンのコンビ作品。
ストップモーションでとった円盤の動きは味があります。
1956年の作品。僕が生まれる7年前か。当時のものは白黒。今回僕がみたのはカラーにしたもの。

主人公は博士とその妻。
衛星の打ち上げのため宇宙観測所に向かう。その途中、円盤が低空飛行で接近し、さっていく。
この時の円盤から発する音をたまたま録音していたことに、後程気づく。
妻の父親は軍のおえらいさんで今までの衛星が、各地で落ちていることを伝える。
主人公は円盤との関係を関連付る。
そして再度、衛星を打ち上げるとき、円盤の襲撃を受ける。
そして建物に閉じ込められた時に、観測所に向かう時に円盤が発してた音は実はメッセージだったことに気付く。話し合いがしたいから観測所に行くよってメッセージ。
そして再度、博士から連絡を送る。むこうから指定場所に何時までに来いと返事が。
「時間厳守で来い」ってのが笑えた。
円盤に乗せられ、テクノロジーの差を見せつけられる主人公。
滅亡した惑星から脱出してきて、住むとこないから地球をください、侵略してもいいけど僕たち数少ないし時間かかっちゃうし、できるだけ住むところ破壊とかしたくないから話し合いで地球頂戴ってことらしい。衛星は自分たちを攻撃したミサイルだと思って落としていたらしい。
主人公が円盤の中での体験をいかし磁気によって浮かんでいる円盤を落とす超音波銃をつくりだす。
しかし射程距離が1350mというしろもの。
結局、破壊したり、破壊されたりしながら撃退するのであった。
最後に主人公の妻が言った
「この美しい地球が破壊されなくてよかった」って言葉が印象的。
今は美しくないよな~^^;
宇宙人は着ぐるみ。ここはハウゼンっぽくないが低予算だったらしいのでいたしかたない。
でも、今のCGだらけのSF映画より、見てて楽しいと思うのは僕だけだろうか。




ソウ2  [MovieNight]

今回は主人公は刑事。
この主人公がジグソウを追い詰めるところが序盤。
しかし、その場所にはモニターがあり、8人の人物がゲームに参加している場面が映し出される。その中には主人公の子供が。部屋には神経ガスが充満していえ時間がたてば全員死ぬらしい。
ジグソウに詰め寄る主人公。
ジグソウから情報を聞き出すため会話をすすめていく会話劇と解毒剤を見つけだし生き残るゲームの2場面で展開されていく。
結構スピーディーに展開されていくので眠くならないw
最後にいつもの言葉遊びからはじまるどんでん返しもあるので、そこそこ面白かったです。

ソウ [MovieNight]

今日はMovieNight
家族が寝静まった頃、1人優雅に映画を見る時間。
冷房装備の部屋で座椅子にゆったりもたれながら、大人の飲み物(カルピス)に氷を入れてグラスをかたむけ氷の音も楽しみながら口の中に流し込む。
なんて、エレガント。
今回はスカパーで「ソウ」シリーズを一挙公開してたので、とっておいた。いままで1までしかみてなかったのだが、もうこんなにたくさん続いてたのかw
当時、話題になったこの作品。今見てもそこそこ面白かった。
目が覚めると密室の中に閉じ込められていた2人の男。2人とも足枷をつけられ動けない。そして他にもその密室には自殺したかと思われるピストルを手に握ったまま死んでいる死体が。
そして殺人鬼「ジグソウ」のゲームが始まる。
このシリーズはいつも共通点がある。
閉じ込められたお互いのことをしらないが実は共通点のある人達
強制的におこなわれる死をかけたゲーム
そして「ジグソウ」の背景
「ジグソウ」を追うもの
言葉遊び
そして最後には、あの時の言葉はそういう意味かという感じで言葉がプレイバックされ、衝撃のラストへとつながっていく。

このゲームには助かる方法があり、それを見つけることが生死をわけることとなっている。
ただ登場人物でアダムが何の意味があってあのゲームをさせられたのがわからない。
しかも初めから殺される前提だったような・・・。

たんなる残酷なシーンだけで終わらないところがいいですね。B級のにおいもたっぷりですw

MovieNight ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。