So-net無料ブログ作成

M:i:Ⅲ [映画]

久しぶりに時間があったのでミッション・インポッシブル・Ⅲを見た。
前回のストーリーは忘れたけど、気にせず鑑賞^^
意外なはじまり方で目が離せなくなる。自分は意外と単純な生き物だなと再認識。
今回も無茶な展開だったけど面白かったな。
いい気分転換になりました^^


300 [映画]

先週公開したばかりの300(スリーハンドレット)を早速見てきました。
主人公ひきいるスパルタ300人とペルシャ10万人の戦い。誇りをかけた戦いは感動しました。
もとは劇画。それをドーンオブデッドの監督が映画化。
独特の映像美で見せてくれます。
面白かったです。劇画も見てみたいね。


サイレン [映画]

日本映画。
もともとはプレステ2のゲームが原作。
しかし、そこは堤幸彦監督。意外なラストが待っています。
面白いね。いい感じです。


リーピング [映画]

信仰心を失った主人公。奇跡は全て科学で解決できると主張し実際に解明していく。
しかし、ある村でおきた事件(聖書にでてくる十の災い)に遭遇し調べていくうちに科学で解明できない何かがおこっている事に気付き事件に巻き込まれていく。
という話。
面白かったです。あまり期待はしてなかったんだけどね。
もっとB級テイストかと思ったんだけどよく出来ています。DVDが出たら買うほどでもないのですが・・・

なんかオーメンテイストにあふれていた映画でした。

主人公のヒラリー・スワンクが、ずっとミラ・ジョボビッチだと思ってた^^;区別がつかない。


ブラザーズ・グリム [映画]

大好きなテリー・ギリアム監督の映画。
凄い面白い!これだよね。これ。こういう映画とれる監督が最近少ないね。
賛否両輪だけど自分は好きです。
ところどころグリム童話っぽいテイストは入ってるし、ギリアム監督のブラックジョークもあるし。
子供も結構、真剣に見てたな。


ザスーラ [映画]

兄弟がボードゲームを家の地下室で発見。
プレイを始めると家ごと宇宙空間に飛ばされる。しかも、そのボードゲームはコマが止まるたび指令書が
出るのだけど、そこに書いてある事が現実におきてしまう恐ろしいゲームだった。
しかも誰かがゴールするまでもとの世界に戻れない。無事、もとの世界に戻れるのだろうか?

という話。どっかで聞いたような話だと思ったら原作がジュマンジと同じ人なんだね。
でもジュマンジの方がおもしろかったな。なんか消化不良をおこしそうな、もどかしい映画でした。
期待しただけに残念。^^;


エンド オブ・ザ ワールド [映画]

台湾に侵攻した中国とそれを守るアメリカが戦争。核によって半球が放射能汚染。汚染されない場所を求めて1つの潜水艦が希望をいだき任務に出動する。はたして安全な場所はあるのだろうか?
という映画。3時間半と長いですが泣けます。悲しいぐらいの現実的な展開。核は恐ろしいとつくづく思います。全ての人達にみていただきたい映画です。こりゃ凄い映画だよ。


キラークラウン [映画]

1987年:アメリカ映画:86分
人を食料とするピエロ型エイリアンが町を襲うという映画。おもちゃのピストルで人を綿菓子で包みテント型の宇宙船へ運んでいく。警官とカップルが協力してそれを阻止しようとする話。武器も面白くて
風船でつくった犬に追跡させたり手でつくった影まねで人を食べたり。反則なぐらい恐ろしいピエロにも弱点が。それは赤い鼻^^;やはり、そうきましたか・・・。展開は読める話だけど傑作かと思います。音楽ものりのりだし。いい感じです^^/


ランド オブ ザ デッド [映画]

アメリカ映画:93分。ゾンビ映画。監督はゾンビ映画の先駆者ロメロ。
途中までは面白かったんだけど後半がよくないね^^;
どっちかといえば監督が違うけどドーンオブザデッドの方がよかったなあ。
期待しすぎました;;


ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟  [映画]

1人で行くのが、はずいので子供について行ってもらいました^^;
満員で前の3列しか空いていませんでした。同じ世代の方々がたくさんいましたw
さすが40周年記念映画だね。できは、かなり良いです。
敵のデザインは今風?だけど、宇宙人の選択はよく考えられています。
ストーリーも、しっかりしているし何より役者が昔のままで出てきているが最高です。
TVのメビウスともリンクしてるとこが憎いね(ヤプール)
やるなあ円谷^^


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。